脂肪を溶かす注射ナビ

脂肪を溶かす注射のアフターケア

こんにちは、「脂肪を溶かす注射ナビ」です。

脂肪を溶かす注射を受けたすぐ後から、腫れてきたり、ほてるようなヒリヒリとした痛みを感じたりすることがあります。
でも、その痛みは10分くらいで治まるので心配いりません。
そして、その後も筋肉痛に似たような痛みが暫く続く場合がありますが、それは軽い痛みなため、日頃と変わらない生活を送ることができるでしょう。
それでも痛みに絶えられない方は、痛み止めを処方してもらいましょう。

脂肪を溶かす注射後に出現する腫れや痛みの程度は、個人差があります。
きつめのズボンやブーツが履けなくなるくらい腫れてしまう人もいますし、殆ど腫れが現れなかったり、痛みを感じなかったりする人もいます。
そして、注射を打った部位が内出血するケースもありますが、その跡はたいてい2週間くらいでなくなります。

脂肪を溶かす注射を受けた後は、次のことを注意してください。
・脂肪を溶かす注射を受けたその日から、シャワーを浴びることができるでしょう。
・大きく腫れてしまった場合は、腫れ止めを処方してもらい、それを内服してください。
・腫れが強い場合には、腫れが治まるまで運動をしないほうがよいでしょう。
・治療してから1週間経ってから、脂肪を溶かす注射の効能をより高めるために、やさしくマッサージして下さい。

そして、脂肪を溶かす注射効能をアップさせるために、ほどよい運動をするようにして下さい。
脂肪を溶かす注射を受けている期間は、日頃よりも代謝が活発なため、このときに運動すると、効率的に脂肪燃焼が行なわれます。
運動をする際は、痛みや腫れが治まってから行なってください。