脂肪を溶かす注射ナビ

「脂肪を溶かす注射」と「脂肪吸引」の比較

こんにちは、「脂肪を溶かす注射ナビ」です。

脂肪吸引とは、メスで切開した小さな穴から管を入れて、直接脂肪を吸い出す痩身方法です。
脂肪吸引では、脂肪を吸引した分だけ必ず痩せることができるでしょう。

それでは、脂肪吸引と脂肪を溶かす注射とは、何が違うのでしょうか。
脂肪吸引では、脂肪を直接吸引するのに対して、脂肪を溶かす注射では、脂肪組織に脂肪溶解剤を注射することで脂肪を溶解するのです。
また、溶け出した脂肪成分は、血液のなかに吸収されて、結果的に体外へ排泄されるんです。

脂肪吸引を行なうと、確実に吸引した脂肪の分は体重が減りますが、それだけ体へ大きな負荷がかかります。
そのため、改善期間が施術してから1、2週間必須となります。
そして、肌がボコボコになってしまうケースが多いそうです。

脂肪を溶かす注射では、メスで切開する必須はなく、治療が終わってすぐ日頃の生活と同様に過ごせます。
つまり、脂肪吸引に比較して脂肪を溶かす注射は、身体的にも精神的にも、そして経済的にもかかる負荷が軽いと言えます。
学校や仕事を休みたくない人は、負荷が小さい脂肪を溶かす注射をおすすめするのです。

ただし、脂肪を溶かす注射は、1回の施術で行なえる範囲や、それで現れる効能に制限があります。
肥満度の高い人が満足できる結果を得るには、脂肪を溶かす注射を何回も受けなければいけません。
だから、そのような人の場合、脂肪吸引の方が脂肪を溶かす注射よりも、結果的に安く済むでしょう。
それでも、脂肪吸引に抵抗を感じる人は、脂肪を溶かす注射に加えて医師の指導のもと行なわれる「メディカルダイエット」をおすすめするのです。