脂肪を溶かす注射ナビ

脂肪を溶かす注射は目の下のクマに有効か?

こんにちは、「脂肪を溶かす注射ナビ」です。

我々がコミュニケーションをするときに、重要となるのはアイコンタクトです。
そのため、目の周りが、その人のイメージを決めるポイントとなることが少なくありません。
目の下のクマやたるみは、特に、年老いたイメージを与えるので、それを回復したいと思っている人は多いでしょう。

目の下のクマやたるみの要因は脂肪といわれますが、それを今注目を浴びている脂肪を溶かす注射で回復することはできるのでしょうか?
結論を言うと、現在では、脂肪を溶かす注射によって、クマやたるみの脂肪を溶かすことはできないようです。

目の下の脂肪は、明太子のような魚の卵巣のように、しっかりと線維状の皮膜によって覆われています。
だから、脂肪分解注射を打って脂肪を溶解しようとしても、この被膜があるために、外に溶け出ることはできないんです。

そして、脂肪分解注射に使用される薬剤に含まれる、ホファチジルコリンなどを注入すると、激しい炎症反応が起きます。
それにより、大きく目の下が腫れてしまうことになり、そのまま一週間ほど腫れが引かなくなります。
このことからも脂肪を溶かす注射は、目の下のクマやたるみの治療には不向きといえます。

アンチエイジングを中心とした美容医療を提案している「銀座CUVO」では、粘膜面から行なう脱脂治療なため、治療後の腫れや痛みが現れません。
そして、治療は目の裏側から行なうので、傷を残すこともありません。
目の下のクマやたるみに苦しんでいる人は、「銀座CUVO」で治療を受けることおすすめするのです。