脂肪を溶かす注射ナビ

脂肪を溶かす注射後の注意点

こんにちは、「脂肪を溶かす注射ナビ」です。

安全で手軽に痩身効能が現れると言われる脂肪を溶かす注射ですが、より効率的に効能を得るためには、施術後の注意点をしっかりチェックし、アフターケアを行なう必須があります。

脂肪を溶かす注射で注射を打った部位に、腫れや内出血が現れたり、筋肉痛に似た痛みを感じたりするケースがありますが、次第に軽くなってくるので心配いりません。
そのような症状がある場合は、激しい運動は治まるまで控えるようにしてください。
そして、脂肪を溶かす注射を受けた後は、次のことを注意してください。
施術を受けたその日は、日焼けしないようにして下さい。
入浴は避けて、シャワーだけにしてください。
ボディクリームやパック、マッサージは刺激になるのでやめてください。
温泉やサウナは翌日以降であれば問題ありません。
軽い運動も翌日から行なうことができるでしょう。
その日は、締め付けるようなきつい服は避けてください。
そして、飲酒も控えましょう。

基本的に、脂肪を溶かす注射を受けてすぐ、通常の生活ができるでしょう。
脂肪吸引のように、改善期間が長く続くわけではありませんし、ガードルを締めたり包帯をしたりする必須もありません。
治療後の腫れや痛みも軽いので、日常生活に支障となることはありません。

脂肪を溶かす注射は、脂肪細胞そのものが減るので、リバウンドすることは殆どありません。
ただ、治療後に過剰に食べ続けてしまうと、脂肪細胞ひとつひとつが大きくなってくるので、また太ってしまうことになります。
せっかく痩せたんですから、バランスの取れた食生活とほどよい有酸素運動を、日常的に心がけて、きれいな体を維持して下さい。